ハローワーク活用法

スポンサードリンク

ハローワーク活用法記事一覧

ハローワークとは
ハローワークとはどういうところなのでしょうか。これは「公共職業安定所」の愛称として、公募により採用された呼び名で、1990年から使われているものす。この「ハローワーク」、厚生労働省が設置する行政機関で、略して職安、もしくは、ハロワなどと言う呼び方をすることもあります。というより、職安といった方がわかりやすいかもしれません。主な役割は、職業相談や職業紹介などの「求職手続き」、失業等給付や教育訓練給付などを受けるための「雇用保険手続き」、就職に必要な資格や職業訓練コースの情報提供といった求職者向けの...
種類があるのだよハローワークには
ハローワークは中高年のためだけの施設だと思っている人も多いでしょう。しかし、職を失う人がみな中高年だとは限りません。離職した人が、ある程度の年齢や経験を重ねていることが多いため、中高年のイメージが強くなってしまっているのでしょうが、ハローワークは利用者に応じたサービスを提供できるよう、支援対象となる失職者別に、いくつかの施設に分かれています。まずはハローワークの種類について、ざっとまとめてみました。一般的な中高年イメージのハローワークの他に34歳以下の若者の就職を支援する「ヤングハローワーク」子...
ハローワークの営業時間
ハローワークの営業時間は原則として、8時30分から17時15分までで、お役所などとほぼ同じです。土日祝日、年末年始などがお休みです。これは一般の企業と一緒ですね。都市部にあるハローワークについては、平日は8時30分から19時まで、土曜日は10時から17時まで営業していることもあるそうです。都市部のハローワークは、大変混雑することもあるようですので、営業時間も長いのでしょう。利用しようと思っている人は、ある程度の順番待ち時間を覚悟しておかねばなりません。手続きによって営業時間が異なることも雇用保険...
濃いぃ支援が嬉しいヤングハローワーク
ヤング・ハローワークというものがあるのをご存知でしょうか。大人のハローワークと同じく職業斡旋、就労援助のための施設で、対象が大学・短大・高専・専修・高校を卒業予定の学生などの若者なのです。フリーターが長期化している人や、就労経験がないなどの三十五歳未満の若者の就職、転職を支援、斡旋する場合もあります。職業斡旋や援助の対象になる青年の年齢は、その施設によって異なるようですが、横浜、渋谷、札幌、長崎など、全国各地にいくつかあります。ヤングハローワークという名称が全国一律で決まっているわけではなく、「...
無料で使える、若者支援のサポステ
若者の就職、職業的自立を支援するための、公的機関が運営する制度、システムはいくつかあります。サポステという言葉をご存知でしょうか。正式名称を「地域若者サポートステーション」といい、これもまた、若者の職業的自立支援のために厚生労働省が行っている事業の一つなのす。地域若者サポートステーションは、全国で92箇所に設置されており、活動内容は、次のようなことです。知られざるサポステ5つの活動支援の対象となる若者がどこに住んでいるかなどの存在情報を把握し、支援が必要な場合には、本人や保護者にサポステの活用を...
県の支援はジョブカフェ
若者の職業的自立支援のための公的機関の運営する制度はいくつか存在しますが、「ジョブカフェ」もまた、そのようなシステムの一つです。ジョブカフェは「若者自立・挑戦プラン」に基づいて設置された「若年者が雇用関連サービスを1ヵ所でまとめて受けられるようにしたワンストップサービスセンター」のことです。2003年の六月に国により制定されたものです。が、地域の実情に合わせた能力向上や、就職促進をめざすため、それぞれの県が主体となって運営しているのです。どこにあるの?ジョブカフェ ジョブカフェは、全国46都道府...
ハローワークは住宅支援も受けられる
ハーローワークの主な役割は、職業相談や職業紹介などの「求職手続き」、失業等給付や教育訓練給付などを受けるための「雇用保険手続き」、就職に必要な資格や職業訓練コースの情報提供といった求職者向けのサービスを提供することです。が、これにくわえてハローワークには、いくつかの住宅支援制度があるのをご存知ですか。就職する会社の社宅などに住んでいる場合、解雇されれば、当然、住宅を失ってしまうでしょう。そのような場合、あわてずに是非ハローワークにご相談下さい、ネットカフェなどで寝泊りする必要などありません。ここ...
失業中もスキルアップ。ハローワーク職業訓練
ハローワークの就職支援の中に、職業訓練という支援制度があります。読んで字のごとく、雇用保険受給資格者で再就職を目指す人に対して、職業訓練の斡旋をおこなうものです。この制度は、求職者が再就職するために必要なスキルを身につけさせ、早期の再就職を支援するためのものです。とても好ましい、求職者には有り難い制度だと思います。職業訓練は無料、さ・ら・に!ハローワークで職業訓練の斡旋を受けることで、勿論、スキルは身につくわけですし、なんとその受講料を国が負担してくれるのだそうです。教科書代などの費用は自己負担...
適職探しもできるハローワーク
社会人で、本当にこれが自分にとって適職だ!と確信して仕事をしている人が、どれほどいるでしょうか。この仕事が好きで好きでたまらない、あるいはこの仕事でならどんなに苦労しても構わないなど..そういう仕事こそが、適職といえるのかもしれません。好きな仕事であれば、苦労が辛くないのだろうと思います。そういう仕事にめぐりあえた人は、幸せですね。自分に合った仕事ってどんなものなのでしょうか。好きな仕事なら、勿論、無条件にいいでしょう。でも全然自分には無縁だし、そんなことはできっこない、と思い込んでいた仕事が、...
そうだったのか!YESプログラム
YESプログラムとは、どういうものでしょうか。耳慣れない言葉ですね。これは大学生や、就職を希望する高校生、専門学校などの若者にとって、またその年頃の子どもを持つ親にとって、ぜひ知っておいて欲しいシステムです。YESプログラムは、厚生労働省が平成16年度から運営している、若者の就職をサポートする特別事業。就職状況の厳しい15歳〜24歳の若者の就職をサポートする目的で創設しされた「若年者就職基礎能力支援事業」を、「YESプログラム」と呼びぶのです。はい、いいえのYES、NOのYESではありません。Y...
厚生労働省認定、若者自立塾
学校を出たばかりの若者は、社会への不安を大きく抱えています。働くことは、自立することです。自立するということの重大さが、デリケートな若者の心を、弱気にしてしまうこともあります。自分は社会で一人前にやっていけるだろうか、仕事もミスばかりして人に迷惑をかけるのではないか、そんな心配や悩みを持つ人も多いでしょう。それでも何とか、勇気を持って一歩踏み出し、若者達は社会人として巣立っていきます。けれども自分探しの試行錯誤から、なかなか抜けきれないでいる若者達だっているのです。若者自立塾とは、そんな「悩める...