ハローワーク

スポンサードリンク

ハローワークの基礎知識

解雇,再就職,ハローワーク,失業,支援

ハローワークとはどういうところなのでしょうか。
これは「公共職業安定所」の愛称として、公募により採用された呼び名で、1990年から使われているものす。
この「ハローワーク」、厚生労働省が設置する行政機関で、略して職安、もしくは、ハロワなどと言う呼び方をすることもあります。というより、職安といった方がわかりやすいかもしれません。

 

主な役割は、職業相談や職業紹介などの「求職手続き」
失業等給付や教育訓練給付などを受けるための「雇用保険手続き」
就職に必要な資格や職業訓練コースの情報提供といった求職者向けのサービスを提供することにあります。。

 

また事業者向けのものとして、求人募集に応募した求職者の紹介、雇用保険被保険者資格の取得や喪失手続き、助成金や給付金の支給、雇用管理サービスなどを行っています。

 

無料で利用できる

ハローワークの利用にはお金はかかりませんし、在職中でもサービスを受けることができるそうです。

 

ハローワーク職業訓練」というサービスがありますが、これは、求職者が、再就職するために必要なスキルを身につけさせて、早期の再就職を支援するためのサービスで、この職業訓練の斡旋を受けると、受講料は国が負担してくれるのです。
教科書代などは自己負担ですが、スキルが身につくうえに、職業訓練期間が終わるまで規定の給付日数にかかわらず失業手当がもらえます。
これなら、生活の心配なく、しっかりとスキル習得に専念することが可能でしょう。

 

ですが、ハローワークは都道府県によって、待ち時間が非常に長いことがあります。
ハローワークまで出向かなくても、求人情報検索や仕事を探している人のために役立つ情報を、ハローワーク・インターネットサービスというサイトからみることができます。

 

ただ仕事を探すという目的だけなら、求人情報検索を使うよりも、「しごと情報ネット」を使う方が役に立つでしょう。
仕事ネット情報なら、ハローワークだけでなく、民間の職業紹介会社などが保有している求人情報も、幅広く検索できるのです。

 

ハローワークの落とし穴

実はハローワークにも、落とし穴というべきものがあります。
たとえば、他の求職者から苦情があった求人情報でも、もし会社側がそれを認めないのであれば、ハローワーク側が求人を受理しなくてはいけないことになっているため、とんでもない悪質な会社の求人情報が、時に混じっていることもあるそうなのです。
ハローワークだから、と安心、信頼して得た会社が、トンでも会社だった、などということにならないように、応募する前に、自分でリサーチする姿勢も必要かもしれません。
あとで泣きを見る前の、事前の下調べ。これは絶対に必要でしょう。

 

今はネットという便利な情報網があります。
インターネットの掲示板などで、就職しようとしている会社の口コミ情報などを調べてみるのが好ましいと思います。

 

そしてもし自分がトンデモない会社にいやな目にあわされる経験をしたとしたら、それを広く知らせ、同じ思いをする人が増えないように、きちんとした情報源として、インターネットに書き込むのもいいことだと思います。

 

根も葉もない誹謗中傷か正確な情報であるかは、読む人たちの判断に任せることになるかもしれませんが・・。


ハローワークとは関連記事

ハローワークとは
ハローワークを活用して、再就職を成功させる、失業中の支援を受けるためにも、その業務内容については充分理解しておきましょう。 ハローワークの基礎知識です。
種類があるのだよハローワークには
ハローワークの種類について説明します。 失業保険の手続きだけが、ハローワークの目的ではありません。再就職の支援をはじめ、失業中の悩み相談にも応じてくれる、総合就職支援機関なのです。
ハローワークの営業時間
ハローワークの営業時間をしっかりと把握して、無駄な時間を過ごさないようにしましょう。相談内容や、利用目的によって混み合う曜日や、混む時間帯があるので注意が必要です。失業中とはいえ、時間は大切にしたいものです。
濃いぃ支援が嬉しいヤングハローワーク
ヤングハローワークと呼ばれる、就職支援施設はご存知でしょうか? ハローワークと同様の支援を行いながら、卒業予定の学生や、就職経験の無い若者向けにより密度の濃い就職支援を提供する施設です。
無料で使える、若者支援のサポステ
若者の就職、職業的自立支援制度の紹介です。不況による就職難だけでなく、コミュニケーション能力をはじめ、就職のためのスキルを身につけるための様々な支援が無料で行われています。
県の支援はジョブカフェ
ジョブカフェという若者の就職支援を目的とした施設が、ハローワークに併設されているのをよく見かけます。ジョブカフェを上手に活用し、就職難の時代でも適職に就く方法を紹介します。
ハローワークは住宅支援も受けられる
ハローワークの住宅支援制度について紹介します。ハローワークでは失業した人のために、就職先の斡旋だけではなく、住むところの斡旋、紹介を支援する制度もあるのです。
失業中もスキルアップ。ハローワーク職業訓練
失業期間中に、再就職に必要な技術を身につけるための制度があります。 ハローワークによる職業訓練の斡旋を有効に活用し、資格取得、技術習得でレベルアップし、再就職に備えましょう。
適職探しもできるハローワーク
ハローワークでは適職を探すこともできます。再就職するなら、自分に適正のある仕事のほうが良いに決まっています。 一人では気付かない、自身の適正を見つめ直す、ハローワークの活用法です。
そうだったのか!YESプログラム
YESプログラムを利用して、有利な再就職活動を行いましょう。 ハローワークの制度のなかで、知られざるYESプログラムについての活用法です。
厚生労働省認定、若者自立塾
世の中には社会というものに大きな不安を抱き、就職できない、一歩を踏み出せない若者が大勢います。そんな若者たちの自立、就職を支援するのが若者自立塾です。