サポステとは

スポンサードリンク

地域若者サポートステーションが正式名称か

若者の就職、職業的自立を支援するための、公的機関が運営する制度、システムはいくつかあります。

 

サポステという言葉をご存知でしょうか。
正式名称を「地域若者サポートステーション」といい、これもまた、若者の職業的自立支援のために厚生労働省が行っている事業の一つなのす。

 

地域若者サポートステーションは、全国で92箇所に設置されており、活動内容は、次のようなことです。

 

知られざるサポステ5つの活動

スポンサードリンク

  1. 支援の対象となる若者がどこに住んでいるかなどの存在情報を把握し、支援が必要な場合には、本人や保護者にサポステの活用を促す
  2.  

  3. キャリア・コンサルタントが総合的な相談支援をおこない、就労していない若者がメンタル面のサポートを必要とする場合には、臨床心理士等がカウンセリングをするなど、若者支援のネットワークを利用して必要な支援が受けられるように適切な支援機関・団体などに誘導する。

    その際、その若者が就労に至るまで一元的にフォローするための個人カードを作成する。

  4.  

  5. 働く意欲が低下してしまっている若者に対しては、職業人の体験談を聴いたり、実際の作業を見学・体験するなどの機会を設けることで、働く意欲を芽生えさせる

    就労経験がない場合などは、協力事業場等で短期間や長期継続的なトレーニングを行うこともある。

  6.  

  7. 就労意欲がない、あるいは職が見つからない若者の保護者に対して、個別面談・セミナー等を実施し、若者への接し方や悩みへの対応などの支援を行う。
  8.  

  9. 個人情報保護条例等に配慮しながら、他の同じような若者支援機関と連携し、情報交換などに努める。

 

社会へ飛び出すための支援、サポートが本業

 

自分のなりたいもの、やりたい仕事、希望の職業といったものが見出せずにいる若者、また見出そうとする意欲も、社会に出て自分の力で生きていこうとする生活意欲も弱い若者は確かにいます。
若者の心は不安定でデリケートだから、人生にほんの少しつまずいてしまうことだってあるのです。サポステは、そのような若者に向けても、その家族に向けても、一緒に応援し、支えていこうという制度のように思います。

 

勿論、意欲にあふれた若者も多く参加しています。
人との円滑なコミュニケーションは、社会人には必要なものですが、サポステでは、コミュケーション能力アップの一環として、スポーツやゲーム、グループワークなどを取り入れているところもあるのです。

 

人と触れ合うことの楽しさ、大切さがわかることで、社会へ出て行くことへの意欲や、勇気が育てられていくのかもしれません。
社会へ踏み出すことをあと一歩のところでやめてしまっている若者も、同じ悩みやや気持ちを分かち合える仲間と出会うことで、人間としても変わっていけるような気がします。

 

保護者もサポステ対象なのです

サポステには利用資格があり、学校を卒業・中退、離職してから一定期間無職の状態の15歳から40歳未満くらいの人とその保護者なのです。
孤独に悩みがちな親も、このような制度の助けがあれば、とても心強いのではないでしょうか。

 

サポステの利用は無料だそうです。
交通費は自己負担ですし、プログラムによっては参加費用が必要なこともあるようです。一人で、あるいは家族だけで悩まずに、是非サポステを利用してみてください。

 

利用してみようと思ったら、家から近いサポステのウェブサイトをみてみて、面談の電話予約をしてくださいね。
きっと、大きな一歩を踏み出すことになると思います。


無料で使える、若者支援のサポステ関連記事

ハローワークとは
ハローワークを活用して、再就職を成功させる、失業中の支援を受けるためにも、その業務内容については充分理解しておきましょう。 ハローワークの基礎知識です。
種類があるのだよハローワークには
ハローワークの種類について説明します。 失業保険の手続きだけが、ハローワークの目的ではありません。再就職の支援をはじめ、失業中の悩み相談にも応じてくれる、総合就職支援機関なのです。
ハローワークの営業時間
ハローワークの営業時間をしっかりと把握して、無駄な時間を過ごさないようにしましょう。相談内容や、利用目的によって混み合う曜日や、混む時間帯があるので注意が必要です。失業中とはいえ、時間は大切にしたいものです。
濃いぃ支援が嬉しいヤングハローワーク
ヤングハローワークと呼ばれる、就職支援施設はご存知でしょうか? ハローワークと同様の支援を行いながら、卒業予定の学生や、就職経験の無い若者向けにより密度の濃い就職支援を提供する施設です。
無料で使える、若者支援のサポステ
若者の就職、職業的自立支援制度の紹介です。不況による就職難だけでなく、コミュニケーション能力をはじめ、就職のためのスキルを身につけるための様々な支援が無料で行われています。
県の支援はジョブカフェ
ジョブカフェという若者の就職支援を目的とした施設が、ハローワークに併設されているのをよく見かけます。ジョブカフェを上手に活用し、就職難の時代でも適職に就く方法を紹介します。
ハローワークは住宅支援も受けられる
ハローワークの住宅支援制度について紹介します。ハローワークでは失業した人のために、就職先の斡旋だけではなく、住むところの斡旋、紹介を支援する制度もあるのです。
失業中もスキルアップ。ハローワーク職業訓練
失業期間中に、再就職に必要な技術を身につけるための制度があります。 ハローワークによる職業訓練の斡旋を有効に活用し、資格取得、技術習得でレベルアップし、再就職に備えましょう。
適職探しもできるハローワーク
ハローワークでは適職を探すこともできます。再就職するなら、自分に適正のある仕事のほうが良いに決まっています。 一人では気付かない、自身の適正を見つめ直す、ハローワークの活用法です。
そうだったのか!YESプログラム
YESプログラムを利用して、有利な再就職活動を行いましょう。 ハローワークの制度のなかで、知られざるYESプログラムについての活用法です。
厚生労働省認定、若者自立塾
世の中には社会というものに大きな不安を抱き、就職できない、一歩を踏み出せない若者が大勢います。そんな若者たちの自立、就職を支援するのが若者自立塾です。