解雇

スポンサードリンク

解雇を学ぼう

解雇,再就職,退職,基礎知識

解雇には様々な種類があります。

どの解雇も会社を辞めさせられることに変わりはないのですが、名称や性格によって、その後の再就職や失業保険など生活全般にわたって、大変大きな影響があるのです。

 

会社の言うがままに解雇を受け入れ、職を失った後で後悔しても遅いのです。

 

知らなかったでは済まないほど、解雇の種類によっては大きな違いがあります。

 

解雇の種類で将来が変わる

会社都合退職自己都合退職懲戒解雇リストラなどそれぞれの辞め方、辞めさせられ方によって退職後の人生に有利、不利が明らかに存在します。再就職のしやすさ、失業保険の受給、世間体などなど。

 

就職によって人生が変わると言いますが、退職の仕方によっても、その後の人生は大きく変わるのです。
会社に勤める以上、退職は必ず訪れます。定年退職のように惜しまれたり、祝福されたりだけが退職の仕方ではありません。

勤めている労働者は、誰にでも解雇の可能性があるのです。
いざという時に備えて、解雇についての基礎知識は身に付けておきましょう。

 

解雇によって職を失うことで、予定外の苦労をするのは自分自身と、あなたが守るべき家族なのです。自分ひとりだけの問題ではないことを念頭に、解雇について学んでいきましょう。


解雇について記事一覧

解雇の種類
解雇をクビ切りと呼んだり、レイオフ、リストラ、懲戒解雇など、何種類もの解雇が存在するように思われるかもしれませんが、労働基準法で定められている解雇には、実際のところ、大きく分けて三種類しかありません。労働基準法には雇用者が労働者を一方的に解雇することが出来ないよう、解雇に必要な解雇要件も細かく定められています。不当な解雇と戦い、安定した収入ひいては自分の生活のために、労働基準法について学んでおくことは大切なことなのです。労働基準法に定められている解雇について、基礎的な知識となりますが紹介します。...
会社都合退職と解雇
退職も解雇も、現在勤めている会社を辞めるということに変わりはないのですが、再就職や失業保険の給付を受ける際に辞め方の違いで差が生まれることもあります。自己都合退職や会社都合退職、または解雇など非常にあいまいに用いられていますが、退職後も何かと有利な辞め方を選びたいものです。解雇と会社都合退職、そして自己都合退職の違いについて紹介します。断然有利な失業保険会社都合退職と解雇の違いは非常にあいまいです。懲戒解雇のように明らかに労働者に非がある処罰を除けば、どちらの場合も労働者側に非がなく、労働契約の...
懲戒解雇と再就職
懲戒解雇は幾種類かある解雇の中でも、もっとも避けたい解雇の形態です。懲戒解雇されると再就職に不利になると聞いたことはありませんか?実際、懲戒解雇とは会社から労働者への懲罰処分であり、最も重い処罰なので、通常は横領や不正、重大な過失が理由でない限り用いられることはありません。再就職の時には履歴書に前職を辞めた理由を記入しなければなりませんので、面接先も懲戒解雇の文字を見れば、その人が横領や不正などを働いて、解雇されたのではないかと想像します。少なくとも、良い印象を与えることはないでしょう。懲戒解雇...
こうして起きてるパートの解雇
時間や場所、その他さまざまな事情から、パートや派遣社員として働いている人も多いことでしょう。雇用形態が多岐にわたることで、働く側の働き方に選択肢が増えたことは大変喜ばしいことであり、これまで働きたくても働くことのできなかった主婦などの多くが家庭から社会へ飛び出し、大きな役割を占めはじめています。その一方で、新聞やテレビの報道でも周知の通り、昨今の不景気により、派遣切りやパートタイマーの解雇という事例も少なくありません。派遣社員であることを選んだということは、ある意味、契約に従うことは義務なので、...
解雇理由
解雇は基本的に会社側の都合によるものを指します。一般には『辞めさせられる』といいます。多くの労働者は働かせてもらっているという意識が強いため、解雇と通告されると『仕方が無い』と諦めてしまいがちです。しかし、本来、雇用者が労働者を解雇するためには「客観的で合理的な理由」と「その理由が就業規則に書かれている」ことが必要です。一般的に考えられているよりも、解雇理由として正当な物だと認められるには、はるかに高いハードルとなっているのです。解雇理由としてよく聞かれるものには、「遅刻や早退が多い」、「業務命...
恐れないで!解雇通知書
解雇は会社から『辞めてくれ』と伝えられたから、会社を辞めるというものではありません。労働者を会社が解雇するためには正当な理由が必要であり、解雇理由や解雇される日付を文書にする必要があります。これが解雇通知書・解雇予告と呼ばれる書類です。解雇通知書・解雇予告は、解雇する30日以上前に労働者へ通知しなければなりません。解雇理由を就業規則にのっとって明らかにし、解雇する日付を伝えるのです。そのため、労働者に直接手渡すか、郵送する場合には「配達証明付内容証明郵便」で送るのが適切な渡し方だと思われます。そ...
解雇予告手当はいくら?
解雇予告手当は労働者の最後の権利とも言える、重要な手当です。突然解雇されてしまい、明日からの生活も立ち行かなくなることを防ぐ労働者を保護するための法律ですから、しっかりと理解しておきましょう。失業保険だけが、職を失った労働者が得ることのできるお金ではありません。知ってさえいれば、当然の権利として請求できるお金というのは、実は結構な額にのぼるのです。解雇予告手当とは、30日以上前に解雇予告がされずに解雇された場合に支払われる手当のことです。労働者を保護するための法律、労働基準法の第二十条に明記され...