会社都合退職と解雇

スポンサードリンク

知っておこう!解雇の有利性

退職,解雇

退職も解雇も、現在勤めている会社を辞めるということに変わりはないのですが、再就職や失業保険の給付を受ける際に辞め方の違いで差が生まれることもあります。

 

自己都合退職や会社都合退職、または解雇など非常にあいまいに用いられていますが、退職後も何かと有利な辞め方を選びたいものです。
解雇と会社都合退職、そして自己都合退職の違いについて紹介します。

 

断然有利な失業保険

スポンサードリンク

会社都合退職と解雇の違いは非常にあいまいです。
懲戒解雇のように明らかに労働者に非がある処罰を除けば、どちらの場合も労働者側に非がなく、労働契約の解消の原因が会社側にあるケースがほとんどでしょう。
業績の悪化によるリストラや倒産などがよい例です。

 

解雇と言うイメージがあまりよいものではなく、会社都合退職と言うほうが、労働者、企業の双方にとって若干でも言葉の響きが軽くなるので、慣例用語として「会社都合退職」が使われています。

 

会社都合退職や解雇のほうが失業保険を受け取るときには断然有利になります。自分の退職したい理由が会社都合退職に当てはまらないか確認してみるのもいいかもしれません。

 

解雇には証拠が必要か

会社都合退職の理由となるものには、いじめ、セクハラ、強引な退職勧告など、職場環境や権力による抑圧の他、親族の死亡、結婚や出産などの家庭事情も認められています。

 

ただし、近年社会問題にまで発展しているいじめやセクハラはその立証が難しく、会社都合退職として認められないケースもあるようです。
セクハラやいじめは当事者同士の意識の違いがあるためでしょう。
会社都合退職の理由にするには、明らかな証拠がなければならないのです。

 

自己都合退職で都合がよいのは企業側

雇用者側にしてみれば、労働者には自己都合退職にしてもらうほうが何かと都合がよいのです。
世間の評判もあるでしょうし、金銭的にも1ヶ月の給料を払う必要がありません。
他にも、会社にとって都合がよいことはたくさんあるので、「解雇より自己都合退職のほうが、再就職に有利だから」などと理由をつけて労働者側から退職届を提出させようとするケースも多く見受けられます。

 

しかし、会社都合退職も解雇も労働者側が提出する必要はありません。
退職届を書いてしまうと、会社にとって都合のよいように、自己都合退職として処理してしまうことも考えられます。注意するに越したことはないので、退職届は書かないほうがよいでしょう。


会社都合退職と解雇関連記事

解雇の種類
解雇にはクビきり、レイオフ、リストラ、懲戒解雇、暇を出す、お払い箱など様々な呼び名がありますが、実際には3種類の解雇のみが労働基準法で定められた解雇です。
会社都合退職と解雇
会社を辞めるにも、会社都合退職と解雇、そして自己都合退職など様々な辞め方があります。自ら望まず会社を辞める場合の、会社都合退職と解雇の違いについて紹介します。
懲戒解雇と再就職
懲戒解雇と再就職についての重要な関連を紹介します。聞きかじりで懲戒解雇は再就職に不利だと思わず、なぜ再就職に不利なのか、そして懲戒解雇を避けるための対処法について学びましょう。
こうして起きてるパートの解雇
パートタイマーや派遣社員の解雇が相次いでいます。派遣切りとして社会問題ともなっています。正社員と同様に働くパートタイマーや派遣の解雇の実情を紹介します。
解雇理由
解雇理由を告げられ仕方がないと諦めてしまう労働者が多いようです。しかし、その解雇理由は正当なものでしょうか?自己都合退職を勧められ、会社の温情だと勘違いしていませんか?解雇理由について重大な情報です。
恐れないで!解雇通知書
解雇通知書について説明します。解雇通知書・解雇予告即解雇という誤った認識はありませんか?解雇通知書は不当解雇と戦うためにも必要な書類なのです。
解雇予告手当はいくら?
解雇予告手当てを知らないばかりに、損をしている労働者が多くいます。また、正当な額の解雇予告手当てを受け取っていない人も多いです。解雇予告手当は、労働者の正当な権利です。正しく理解して、堂々と請求しましょう。