再就職の基礎知識

スポンサードリンク

再就職するのに必要なこと

解雇,再就職,失業,女性,団塊,定年

突然の解雇や、定年退職後に再就職先を探す人は多いでしょう。

 

安定した収入を求めてであったり、少しでも家計の助けになればと思っていたり、就職によって社会とのつながりを持ち続けるためであったりと、再就職活動を始める人の理由は様々です。

 

しかしどのような事情、理由があっても、新卒の就職活動と比較すると再就職活動の方が、はるかに厳しい状況にあります。

 

 

雇い主である企業にしてみれば、即戦力であったり、人件費の削減を考えていたりと経営を考慮した採用計画を持っています。

 

新卒であれば、専門知識を身につけ、戦力として成長するまでの投資を行うでしょうが、すでに新卒ではない再就職希望者に対して、成長を待つ気はなく、当然のように、必要な能力を今現在の時点で持っているかどうかだけで、採用、不採用を決めるケースも多いでしょう。

 

 

再就職希望者も、資格や何か特殊な専門知識、スキルを身に付けていれば再就職活動も比較的簡単にいくでしょう。また依然の就業先での経験や、実績というものも大切です。
しかし、そうではない人のほうが社会には多いのです。

 

様々なケースでの再就職の実情と、再就職のための対策を紹介していきます。


再就職の基礎知識記事一覧

再就職手当という制度
再就職先を探す人にとっては、厳しい時代だといわれています。新卒者の就職も内定取り消し問題として話題となったように、企業が募集する採用人数そのものが、近年まれに見るほどに減少しているのです。さらに、高齢化が進み、一昔前のような定年退職という制度も見直されつつあります。このような就職難の時代にあって、再就職先に巡り合えた人は大変な幸運の持ち主なのかもしれません。解雇、退職後、失業保険の支給される期間を満了する前に再就職先が決まった人は、再就職手当をもらえることがあります。再就職先が早くに見つかった幸...
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職は、高齢化社会を迎える日本において、今後の労働力の減少を考えても重要な問題だと言われています。男女の平等が唱えられ、女性の社会進出もめざましい昨今ですが、再就職ということになると様々なケースが想定され、現実には男性よりも再就職活動が難しいといわざるを得ません。女性の場合、結婚や出産、子育てという問題が絡んでくるため、働く時間や残業、休日など、どうしても男性と比べて不利な要素が多いのです。女性の再就職について、少し考えてみたいと思います。結婚は不利な条件なのか?結婚や妊娠、出産を機に退...
30代女性の再就職を成功させる
女性の30代での転職・再就職は、不利であるというのが世間一般の常識としてまかり通っています。20代の女性が再就職活動をするのを比較すると、求人数、募集条件ともに生半可ではなく、相当に厳しい条件であるといわざるを得ません。反対に人材を募集する企業側から見ても、30代の女性を採用することにリスクを伴う可能性があるので、どうしても男性や、より若い年代の採用より慎重にならざるを得ないのでしょう。30代の女性が、再就職に成功するための秘訣は、企業が30代女性の採用を敬遠する理由を知ることから始まります。3...
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
解雇通知を受け取ったときに、独身でまだ若ければ再就職も『新たなスタート』と気持ちを切り替えやすいかもしれません。しかし、ある程度の年齢を重ね、中高年と呼ばれる年齢になってからの再就職は、言葉でいうほど簡単に割り切ることは難しいでしょう。たった一通の解雇通知によって、今まで積み上げてきたキャリアがリセットされてしまったと思えば、誰でも落胆し、気持ちの面で、再就職活動へのモチベーションが鈍ってしまうのも仕方のないことです。しかし解雇という現実は素直に受け入れ、新たな人生のスタートを切らなければならな...
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代が一斉に定年退職を迎えるということで、ここ数年、大きな社会問題となっています。団塊世代は企業にとって熟練した労働力であるわけですから、これは、大問題であるといえるでしょう。団塊世代が一斉に退職するということは、同時に団塊世代の再就職も問題となってきます。専門職など特殊な能力を持った人や、その他の能力が高い人にとっては、団塊世代の再就職といえどそれほどに難しいことではありません。労働力が不足し、即戦力となる人材を求める企業にとって、定年退職直後の団塊世代の再就職希望者は、うってつけの人材だ...
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇という、いわば処罰を受け職を失ってしまっても、再就職して収入を得なければ生活していくことができません。しかし、一般には懲戒解雇されてしまうと再就職はできない、もしくは難しいと言われています。前職の退職理由が懲戒解雇と記入されていれば、一体どんな不祥事をしでかしたのか、不祥事を起こした人間を採用しても良いものなのか、人事採用担当者でなくとも考えてしまうところでしょう。懲戒解雇から再就職するために大切なポイントと、それらにまつわる様々な噂の真偽を検証してみました。離職票にまつわる噂の真偽会社...
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
再就職活動の中、求人情報を調べていると、募集条件の中に第二新卒という言葉を見かけることが増えてきました。かなりの数の企業が、この第二新卒の採用に積極的な姿勢であることがうかがえます。それだけの高評価を、多くの企業が示しているのはなぜなのか。新卒、中途採用など転職、再就職活動をしている人たちを呼ぶ名前はありますが、第二新卒とはいったいどんな意味なのでしょうか。転職サイトや、求人情報誌においても、もはや市民権を確立している第二新卒について紹介しましょう。新卒採用のおよそ4割が第二新卒になる?新卒とは...
第二新卒者だからこそ
転職市場では増え続ける第二新卒者に対して、相反する2つの評価が存在するそうです。優秀な人材を求める企業が、どのように評価し、何を求めているのか。第二新卒に限らず、これらを理解することは再就職活動を成功に導く大きなカギとなります。一度は採用が決まり、入社した会社から、わずかな期間で新しい別の会社へと転職しようとする。この事実は決して変わることはありません。しかし、この事実を企業をどのように受け止めるか。言い換えるなら、第二新卒をどのように判断するのかを見極めることが重要なのです。発想の転換!ネガテ...
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒と呼ばれる人が増えている原因の一つが、社会環境です。不況の時には内定取り消しということも珍しくない状況でしたが、最近では、ゆとり教育と相まって、自分の能力を正確に自覚できていない、もしくは就職に対する意識の低下というものが見受けられるようです。第二新卒の転職活動の多くが、キャリアチェンジというこれまでの業種とはまるで異なる分野へ転職しようとするのは、このような考えの表れではないでしょうか?しかし、採用を考える企業からすれば、今も昔も変わらず、求めているのは即戦力。つまり、経験者なのです。...
知らなきゃ危険、ブラック企業の見分け方
再就職したいという気持ちがどんなに強い人でも、ブラック企業と呼ばれる会社への就職を希望する人はいないでしょう。しかし、解雇され職を失ってしまい明日から収入が無いという状況になってしまった時、なんとか再就職した会社がブラック企業だったということが無いとは限りません。職探しに費やした時間、費用さらにブラック企業で働くことによる肉体的精神的苦痛、そして再び転職活動を行わなければならないという不安。こんな状況に陥らないためにも、ブラック企業を見分ける方法を身に付けておきましょう。ブラック企業を見極める4...