30代女性の再就職

スポンサードリンク

30代女性の再就職はなぜ厳しいのか

30代,女性,再就職,転職

女性の30代での転職・再就職は、不利であるというのが世間一般の常識としてまかり通っています。
20代の女性が再就職活動をするのを比較すると、求人数、募集条件ともに生半可ではなく、相当に厳しい条件であるといわざるを得ません。
反対に人材を募集する企業側から見ても、30代の女性を採用することにリスクを伴う可能性があるので、どうしても男性や、より若い年代の採用より慎重にならざるを得ないのでしょう。
30代の女性が、再就職に成功するための秘訣は、企業が30代女性の採用を敬遠する理由を知ることから始まります。

 

30代女性の採用が敬遠される理由

スポンサードリンク

企業が30代の女性を採用することを敬遠する理由はなんでしょう。
もっとも大きな理由として考えられるのは、30代女性には人生におけるイベントが控えている可能性が高いことです。
結婚や出産、子育てのために仕事を休んだり、辞めたりする比率が男性よりもずっと高いのです。
もちろんすべての女性に当てはまるわけではなく、また近年では企業にも女性の離職を防ぐために出産、育児休暇などの制度を取り入れる動きがみられるようになりました。
しかし、制度としては存在していても、現実に活用できるかといわれると、まだまだ代替要員や仕事へのブランクなどの諸問題や、制度を利用することへの遠慮などで、必ずしも機能しているとは言い難いようです。

 

キャリアを武器に

30代の女性には、仕事のキャリアを積んでいる人も大勢います。
転職、再就職の成功には、自分が培ってきたキャリアに自信を持った就職活動を行うことがポイントになります。

 

男性、女性に関係なく、30代の中途採用者に求められているのは、例外なく即戦力としての能力だからです。
未経験の人間に、一から教育している余裕など無いというのが企業の本音でしょう。
長期の教育期間を要し、戦力として計算できるまで成長を待つような時間は30代の中途採用者には与えられていないのです。

 

未経験な職種はさらに不利

未経験の職種を希望する場合は、30代の女性にとって、さらに不利な就職活動を覚悟しなければならないでしょう。
しかし、今まで勤めてきた職種が合わないという理由で転職する場合は、当然未経験の職種を探すことになります。また解雇された場合でも、二度と同じ仕事はしたくないと思うかもしれません。

 

このような場合には諦めるしかないのかというとそうではありません。
未経験者でも積極的に採用する企業も、求人数は少ないですが確実に存在します。
求人数が少ないというだけでも狭き門となりますが、30代の女性が再就職でキャリアを0からスタートするなら、まずは諦めず、根気良い職探しをすることは必須条件となるのです。


30代女性の再就職を成功させる関連記事

再就職手当という制度
解雇、退職した後早い時期に再就職先を見つければ、再就職手当をもらえることがあります。失業保険の支給期間が満了していなくても、早めに再就職することで得することがあるのです。
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職の現状を考え、再就職活動を成功へ導くための対策法を紹介します。子育てが終わった主婦が、もう一度、社会で働くために問題となることを紹介します。
30代女性の再就職を成功させる
30代の女姓が再就職で直面する諸問題を考えます。 不利、厳しいで表現される募集条件や求人に対し、30代という人生の最盛期に、女性が再就職に成功する方法です。
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
中高年の再就職は、若い人と比べても難しいと言われています。様々なしがらみや、家庭の事情によって妥協できない理由もあるでしょうが、適職検査や転職エージェントを活用して、再就職を成功させましょう。
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代の定年後の再就職にスポットを当てて見ました。団塊世代の一斉定年は、同時に優秀な熟練の労働力が、市場に流出することも意味します。団塊世代ならではの再就職の不安悩み、問題点を紹介します。
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇されてしまっても再就職はできるのでしょうか?世間一般での噂の真実と、懲戒解雇されてから再就職するための方法を、無料で紹介します。
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
第二新卒という新しい就職活動者を紹介します。今急増中の、第二新卒者。積極採用する企業はあるものの、該当条件は一体何なのでしょう。
第二新卒者だからこそ
第二新卒者だからこそ、再就職活動で注意したいポイントを紹介します。自分の経歴を認め、アピールポイントへと転換する大切な心得です。
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあります。 自分を知り、相手を知れば百戦危うからず。 企業の思惑にアピールする方法を紹介します。
ブラック企業の見分け方
ブラック企業と呼ばれる会社へ就職希望の人はいないはずですが、やっと就職した先がブラック企業だったという話はよく聞きます。 再就職活動中から、ブラック企業を見分けることができれば・・・。