懲戒解雇からの再就職

スポンサードリンク

真実はこうだ!懲戒解雇されても再就職は

懲戒解雇という、いわば処罰を受け職を失ってしまっても、再就職して収入を得なければ生活していくことができません。しかし、一般には懲戒解雇されてしまうと再就職はできない、もしくは難しいと言われています。

 

前職の退職理由が懲戒解雇と記入されていれば、一体どんな不祥事をしでかしたのか、不祥事を起こした人間を採用しても良いものなのか、人事採用担当者でなくとも考えてしまうところでしょう。

 

懲戒解雇から再就職するために大切なポイントと、それらにまつわる様々な噂の真偽を検証してみました。

 

離職票にまつわる噂の真偽

スポンサードリンク

会社を退職した際にもらう離職票
この書類には退職理由が記載されています。
懲戒解雇、または重責解雇の記載があると、何らかの不祥事を起こしたため、解雇という処分をしたという意味になります。

 

よく聞かれることで、「離職票に重責解雇の記載があれば、再就職先に懲戒解雇されたことがばれてしまう」と言われています。
しかし、これは真っ赤な嘘
離職票はハローワークで失業手当の申請に使用する書類であって、再就職先に提出する書類ではありません。もちろん再就職先から提出を求められることもありません。

 

また、失業手当をもらう前に再就職先が決まった場合には、雇用保険継続のために離職票が必要ですが、この場合でも手続きはハローワークで行うため、再就職先に離職票を提出することはまったくないのです。
新しい職場に提出するのは雇用保険被保険者証であって雇用保険受給者証ではありませんから、離職票や雇用保険、失業手当をもらった事実から前職を懲戒解雇されたことが、再就職先に分かってしまうことはないのです。

 

 

履歴書の記載内容にまつわる噂の真実

採用面接や応募時には履歴書を書く必要があります。
この履歴書には前職を退職した理由を書かなければなりません

 

懲戒解雇を隠し自己都合での退職と記載しても、前の会社に身元確認や退職理由の確認などをされてばれてしまうケースが多いようです。
うまく再就職できたとしても、しばらく経ってから懲戒解雇されていたことが判明したら、経歴詐称、詐欺罪などに問われるケースがあり、これらの罪によって再び懲戒解雇となってしまいます。

 

話す?話さない?懲戒解雇の真実

新しい就職先への応募の際には、懲戒解雇を隠すよりは正直に話した上で再就職するほうが望ましいと言えます。
懲戒解雇の理由にも色々あり、職務上のミスによるものであれば、それこそ隠そうとしないほうが良いでしょう。
もしも金銭的な理由、例えば横領や情報漏えいなどであった場合には、十分に反省し2度と不祥事を起こさないという決意を面接の際に訴えるべきです。

 

長引く不況の影響で再就職に関わらず就職そのものが厳しい状況にあります。そのような中、懲戒解雇というハンデを背負っての就職活動は、やはり厳しいと言わざるを得ません。
しかし、優秀な人材を採用したいという会社はたくさんあります。
大きな失敗をした人間には、大きく成長する人もいます。

 

懲戒解雇されるほどの不祥事を起こしてしまい、深く反省しているならば再び同じ過ちを犯すことも少ないに違いないと判断する会社だってたくさんあるのです。

 

自ら犯してしまった過ちに、正面から向かい合うことこそ、懲戒解雇から再就職するための大切なポイントなのです。


懲戒解雇されると再就職は難しいのか関連記事

再就職手当という制度
解雇、退職した後早い時期に再就職先を見つければ、再就職手当をもらえることがあります。失業保険の支給期間が満了していなくても、早めに再就職することで得することがあるのです。
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職の現状を考え、再就職活動を成功へ導くための対策法を紹介します。子育てが終わった主婦が、もう一度、社会で働くために問題となることを紹介します。
30代女性の再就職を成功させる
30代の女姓が再就職で直面する諸問題を考えます。 不利、厳しいで表現される募集条件や求人に対し、30代という人生の最盛期に、女性が再就職に成功する方法です。
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
中高年の再就職は、若い人と比べても難しいと言われています。様々なしがらみや、家庭の事情によって妥協できない理由もあるでしょうが、適職検査や転職エージェントを活用して、再就職を成功させましょう。
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代の定年後の再就職にスポットを当てて見ました。団塊世代の一斉定年は、同時に優秀な熟練の労働力が、市場に流出することも意味します。団塊世代ならではの再就職の不安悩み、問題点を紹介します。
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇されてしまっても再就職はできるのでしょうか?世間一般での噂の真実と、懲戒解雇されてから再就職するための方法を、無料で紹介します。
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
第二新卒という新しい就職活動者を紹介します。今急増中の、第二新卒者。積極採用する企業はあるものの、該当条件は一体何なのでしょう。
第二新卒者だからこそ
第二新卒者だからこそ、再就職活動で注意したいポイントを紹介します。自分の経歴を認め、アピールポイントへと転換する大切な心得です。
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあります。 自分を知り、相手を知れば百戦危うからず。 企業の思惑にアピールする方法を紹介します。
ブラック企業の見分け方
ブラック企業と呼ばれる会社へ就職希望の人はいないはずですが、やっと就職した先がブラック企業だったという話はよく聞きます。 再就職活動中から、ブラック企業を見分けることができれば・・・。