第二新卒とは

スポンサードリンク

ただいま急増中、第二新卒

再就職活動の中、求人情報を調べていると、募集条件の中に第二新卒という言葉を見かけることが増えてきました。
かなりの数の企業が、この第二新卒の採用に積極的な姿勢であることがうかがえます。
それだけの高評価を、多くの企業が示しているのはなぜなのか。

 

新卒、中途採用など転職、再就職活動をしている人たちを呼ぶ名前はありますが、第二新卒とはいったいどんな意味なのでしょうか。

 

転職サイトや、求人情報誌においても、もはや市民権を確立している第二新卒について紹介しましょう。

 

新卒採用のおよそ4割が第二新卒になる?

 

スポンサードリンク

新卒とは、大学、専門学校など学校の種類を問わず、卒業して初めて就職した人たちのことです。
対して、第二新卒は新卒で就職したものの1年から3年未満で退職した人たちのうち、転職しようとしている人たちのことです。

 

せっかく就職したにもかかわらず、新卒で採用された社会人のうち、なんと30%から40%が3年未満で退職してしまうという統計データがあるそうです。
どんな就職活動であったとしても決して楽なものではなかったはずなのに。
おおよそ半分に近い人々が、再び就職活動の競争の中に飛び込むのです。

 

今では転職市場においても一つのカテゴリーとして扱われるほど、多くの人々が第二新卒者として再就職活動を行っています。
これほど当たり前の存在となってくれば、積極的な採用を考える企業が増えるのも当然のことでしょう。

 

東大卒でも驚いた、第二新卒の真実

 

これほどに見かけるようになってきた第二新卒も、いざ自分が当てはまるのか、条件を満たしているのかと問われると、答えに自信がないという人もいるようです。
知名度がまだまだ十分でないためか、自分は第二新卒だと誤った認識のもと、就職活動を続ける人さえ相当な人数がいます。
最初から採用可能性が全くない、条件の合わない企業の求人の採用試験を受けに行ったという笑えないことまで起こっているようなのです。

 

第二新卒と混同しやすい、でも実は該当しないという人としては、例えば大学卒業直後に就職せず海外留学していたという人、事情があって他の人と卒業時期がずれてしまった人、働くことができない期間があったという人などです。
フリーターや新卒者という分類がされる場合もあり、第二新卒者という条件に合わない求職者ということになってしまうのです。
もちろん募集する会社によって違いますが、まず採用の見込みはないでしょう。

 

これまでに行ってきた活動が、第二新卒でなかったために無駄になる等ということの無いよう、採用条件については十二分な確認をするようにしましょう。


転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える関連記事

再就職手当という制度
解雇、退職した後早い時期に再就職先を見つければ、再就職手当をもらえることがあります。失業保険の支給期間が満了していなくても、早めに再就職することで得することがあるのです。
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職の現状を考え、再就職活動を成功へ導くための対策法を紹介します。子育てが終わった主婦が、もう一度、社会で働くために問題となることを紹介します。
30代女性の再就職を成功させる
30代の女姓が再就職で直面する諸問題を考えます。 不利、厳しいで表現される募集条件や求人に対し、30代という人生の最盛期に、女性が再就職に成功する方法です。
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
中高年の再就職は、若い人と比べても難しいと言われています。様々なしがらみや、家庭の事情によって妥協できない理由もあるでしょうが、適職検査や転職エージェントを活用して、再就職を成功させましょう。
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代の定年後の再就職にスポットを当てて見ました。団塊世代の一斉定年は、同時に優秀な熟練の労働力が、市場に流出することも意味します。団塊世代ならではの再就職の不安悩み、問題点を紹介します。
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇されてしまっても再就職はできるのでしょうか?世間一般での噂の真実と、懲戒解雇されてから再就職するための方法を、無料で紹介します。
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
第二新卒という新しい就職活動者を紹介します。今急増中の、第二新卒者。積極採用する企業はあるものの、該当条件は一体何なのでしょう。
第二新卒者だからこそ
第二新卒者だからこそ、再就職活動で注意したいポイントを紹介します。自分の経歴を認め、アピールポイントへと転換する大切な心得です。
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあります。 自分を知り、相手を知れば百戦危うからず。 企業の思惑にアピールする方法を紹介します。
ブラック企業の見分け方
ブラック企業と呼ばれる会社へ就職希望の人はいないはずですが、やっと就職した先がブラック企業だったという話はよく聞きます。 再就職活動中から、ブラック企業を見分けることができれば・・・。