第二新卒の強み

スポンサードリンク

ここがポイント!第二新卒の転職活動

第二新卒と呼ばれる人が増えている原因の一つが、社会環境です。
不況の時には内定取り消しということも珍しくない状況でしたが、最近では、ゆとり教育と相まって、自分の能力を正確に自覚できていない、もしくは就職に対する意識の低下というものが見受けられるようです。

 

第二新卒の転職活動の多くが、キャリアチェンジというこれまでの業種とはまるで異なる分野へ転職しようとするのは、このような考えの表れではないでしょうか?

 

しかし、採用を考える企業からすれば、今も昔も変わらず、求めているのは即戦力。つまり、経験者なのです。
このことを踏まえ、第二新卒の転職活動のポイントを考えてみましょう。

 

第二新卒の3つの強みとは

スポンサードリンク

第二新卒には、第二新卒者にしかない強みがあります。
この強みと、企業の採用条件を理解することが転職成功の近道です。
では、第二新卒の強みとは何でしょう。

 

まずは勤務実績が3年未満とはいえ、その期間に学んだことです。
新社会人と呼ばれるように、新卒者は社会人としてはまだまだ未熟です。
しかし、第二新卒者は社会人としてのマナー、作法というものを身に付けています。
また、同業種であっても、以前の会社のやり方などに染まっておらず、自社において今後の成長が期待できます。伸びしろが非常に大きいということです。
これはスキルや経験以上に評価される点でしょう。

 

そして、企業にとって第二新卒を採用するメリットは、若いということです。
あまり表立って話されることはないでしょうが、即戦力となる中高年や、高いスキルを持った人材、また実績のある人材を雇用しようとすると、当然給与も高くなります。
しかし、第二新卒ならそれほどに高額な給料を払わずに済むのです。

 

ここをアピールできる準備をしよう

第二新卒の強みを生かし切るためには、採用面接時にどのようにアピールするかが大切です。

 

まず、業界の特性、会社状況の研究は外せません。
そのうえで、自分のすべてではなく、これまでの経験の中で即戦力となりうる点を事前に整理しておきましょう。
経験不問という求人は一時期より減少しています。しかし、短いながらも経験してきたことで、企業の期待に応えることができることは何なのかを考えましょう。

 

社会人としての基礎は身に付けている、若さ、可能性に加えて、即戦力を求める企業に履歴書の作成時から面接に至るまでアピールできるようにしましょう。

 

このような戦略を立てられるのも、第二新卒ならではの強みです。


強みを活かせ、第二新卒の転職活動関連記事

再就職手当という制度
解雇、退職した後早い時期に再就職先を見つければ、再就職手当をもらえることがあります。失業保険の支給期間が満了していなくても、早めに再就職することで得することがあるのです。
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職の現状を考え、再就職活動を成功へ導くための対策法を紹介します。子育てが終わった主婦が、もう一度、社会で働くために問題となることを紹介します。
30代女性の再就職を成功させる
30代の女姓が再就職で直面する諸問題を考えます。 不利、厳しいで表現される募集条件や求人に対し、30代という人生の最盛期に、女性が再就職に成功する方法です。
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
中高年の再就職は、若い人と比べても難しいと言われています。様々なしがらみや、家庭の事情によって妥協できない理由もあるでしょうが、適職検査や転職エージェントを活用して、再就職を成功させましょう。
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代の定年後の再就職にスポットを当てて見ました。団塊世代の一斉定年は、同時に優秀な熟練の労働力が、市場に流出することも意味します。団塊世代ならではの再就職の不安悩み、問題点を紹介します。
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇されてしまっても再就職はできるのでしょうか?世間一般での噂の真実と、懲戒解雇されてから再就職するための方法を、無料で紹介します。
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
第二新卒という新しい就職活動者を紹介します。今急増中の、第二新卒者。積極採用する企業はあるものの、該当条件は一体何なのでしょう。
第二新卒者だからこそ
第二新卒者だからこそ、再就職活動で注意したいポイントを紹介します。自分の経歴を認め、アピールポイントへと転換する大切な心得です。
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあります。 自分を知り、相手を知れば百戦危うからず。 企業の思惑にアピールする方法を紹介します。
ブラック企業の見分け方
ブラック企業と呼ばれる会社へ就職希望の人はいないはずですが、やっと就職した先がブラック企業だったという話はよく聞きます。 再就職活動中から、ブラック企業を見分けることができれば・・・。