女性の再就職

スポンサードリンク

まずは女性の再就職の現状を知ろう

女性,再就職,子育て

女性の再就職は、高齢化社会を迎える日本において、今後の労働力の減少を考えても重要な問題だと言われています。
男女の平等が唱えられ、女性の社会進出もめざましい昨今ですが、再就職ということになると様々なケースが想定され、現実には男性よりも再就職活動が難しいといわざるを得ません。
女性の場合、結婚や出産、子育てという問題が絡んでくるため、働く時間や残業、休日など、どうしても男性と比べて不利な要素が多いのです。
女性の再就職について、少し考えてみたいと思います。

 

結婚は不利な条件なのか?

スポンサードリンク

結婚や妊娠、出産を機に退職をするというのは昔も今も変わらず、女性が仕事を辞める一番の理由です。
年代や配偶者、子供の有無というものが女性の再就職には大きな要素となっています。

 

子育てが一段落したあとでの再就職となると、同じ職種であってもブランクがあり、需要の高い資格を持っているか、もしくは即戦力として活躍できるだけの実力がない限り、再就職は非常に難しいと考えても良いでしょう。

 

会社側としても、女性の再就職活動者には、『結婚の予定は?』、『出産の予定は?』とプライベートに踏み込んだ質問をせざるを得ません。
女性にとっては面接のたびに同じ事を聞かれ、ストレスが貯まってしまうかもしれませんが、せっかく採用した人材が、教育を施し、いよいよ戦力として活躍できるというときに退職してしまうかもしれないと思えば、このような質問をするのも仕方のないことなのです。

 

結婚後も仕事を続けたいのに

女性の再就職活動で相談を受けるケースとしては、結婚の予定や出産の予定を聞かれたときに『結婚して、子供が出来ても仕事を続けたい』と答える場合です。

 

現実として子供がいると、急な発熱や学校行事などで休むことが増えたり、残業や休日出勤が出来ないと考えられるため、育児支援のしっかり整った会社でない限り採用を見送られることが多いようです。
本音を正直に答えてしまうと再就職できないというのが、今の社会での現実なのです。
だからといっていざという時に子供の面倒を見てくれる人がいないのに、嘘を言って再就職しても、働き始めてから困るのは自分です。
託児所に子供を預けて働くという女性もいますが、その託児所に払う月謝だけで月々の収入がほとんど消えてしまうケースも珍しくありません。
これではせっかく再就職しても意味がないですよね。

 

再就職成功の秘訣はコレ

女性の再就職は、働く時間や給料などの条件も大切ですが、それ以上に実際に働くことまで考えておかないと、すぐに再び再就職活動をしなければならないこともあるのです。

 

このような事態を回避する対策としては、何よりも資格を持つことです。女性の再就職活動で資格ほど心強い味方はないでしょう。
子育て期間中でも少しづつ勉強して、需要の高い、出来るだけ専門性の高い資格を取得しておくことが、女性の再就職を成功させる最も確実な方法だと言えるのです。


女性の再就職を有利にする方法関連記事

再就職手当という制度
解雇、退職した後早い時期に再就職先を見つければ、再就職手当をもらえることがあります。失業保険の支給期間が満了していなくても、早めに再就職することで得することがあるのです。
女性の再就職を有利にする方法
女性の再就職の現状を考え、再就職活動を成功へ導くための対策法を紹介します。子育てが終わった主婦が、もう一度、社会で働くために問題となることを紹介します。
30代女性の再就職を成功させる
30代の女姓が再就職で直面する諸問題を考えます。 不利、厳しいで表現される募集条件や求人に対し、30代という人生の最盛期に、女性が再就職に成功する方法です。
中高年が歳の差を覆し再就職するポイント
中高年の再就職は、若い人と比べても難しいと言われています。様々なしがらみや、家庭の事情によって妥協できない理由もあるでしょうが、適職検査や転職エージェントを活用して、再就職を成功させましょう。
負けない、団塊世代の再就職
団塊世代の定年後の再就職にスポットを当てて見ました。団塊世代の一斉定年は、同時に優秀な熟練の労働力が、市場に流出することも意味します。団塊世代ならではの再就職の不安悩み、問題点を紹介します。
懲戒解雇されると再就職は難しいのか
懲戒解雇されてしまっても再就職はできるのでしょうか?世間一般での噂の真実と、懲戒解雇されてから再就職するための方法を、無料で紹介します。
転職市場の新カテゴリー、第二新卒を考える
第二新卒という新しい就職活動者を紹介します。今急増中の、第二新卒者。積極採用する企業はあるものの、該当条件は一体何なのでしょう。
第二新卒者だからこそ
第二新卒者だからこそ、再就職活動で注意したいポイントを紹介します。自分の経歴を認め、アピールポイントへと転換する大切な心得です。
強みを活かせ、第二新卒の転職活動
第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあります。 自分を知り、相手を知れば百戦危うからず。 企業の思惑にアピールする方法を紹介します。
ブラック企業の見分け方
ブラック企業と呼ばれる会社へ就職希望の人はいないはずですが、やっと就職した先がブラック企業だったという話はよく聞きます。 再就職活動中から、ブラック企業を見分けることができれば・・・。