失業保険の基礎知識

スポンサードリンク

失業保険にも差がある

失業保険,受給,基礎知識,手当,失業

失業したら失業保険をもらうって誰でも知っていることです。
しかし、実際に失業保険をもらうには、どこにどのように申請するのか知らない人も多いのではないでしょうか。

 

失業保険でもらえる給付金のことを、失業手当、基本手当と呼びますが、実はこの失業手当、申請の仕方や失業している状態によって、受け取れる金額や期間に違いがあることはご存知でしょうか。

 

失業手当は権利

解雇されたり、自己都合で退職したり、定年退職を迎えたりと会社の辞め方は様々でしょうが、以前に勤めていた会社が雇用保険を支払っていれば、失業手当を受け取る資格があります。
失業手当を受給する手続きを早急に、そして正しく行い、自分が受け取れる失業手当の満額を受け取る権利は誰にでもあるのです。
不正を働くのではなく、失業保険の仕組みや、失業手当の受給要件をしっかり身につけておけば、もらえる失業手当も増えるかもしれません。

 

勉強するなら今!

失業してしまったら、これから先の収入の確保は最大の課題です。会社をクヒクビになってから、退職してからでいいやと考えていると、受け取れる失業手当の金額が、減ってしまうことも有り得ます。
勤めているうちに失業保険の基礎知識を身につけておくことは、きっと損にはならないでしょう。

 

失業してしまったら、すぐに失業保険の申請手続きができるよう、基礎だけでも正しい知識を身に付けておきましょう。


失業保険の基礎知識記事一覧

知らなきゃ損する失業後の手続き
失業したら必ずしておかなければならない手続きがあります。失業保険の受給の手続きはもちろんですが、それ以外にもいくつかの手続きが必要です。会社に勤めている間は、これらの手続きのほとんどを会社が代行してくれていたので、サラリーマンは給料を受け取るだけですんでいましたが、失業したらそうは行きません。全て自分でおこなう必要があるのです。会社勤めをするということが、どれほどの恩恵を受けていることになるのか、きっと気付くはずです。失業後に必要な手続きについて紹介しましょう。最低限の4つの手続き失業後にしなけ...
これぞTHE失業保険
失業保険と一般に呼ばれている給付金は、じつはいくつかある失業等給付金のひとつ、求職者給付の中の『基本手当』の事を指します。失業保険は、失業した人が受け取れるお金だと解釈している人も多いでしょうが、失業保険を受け取るためには様々な条件があり、会社を辞めた人のすべてが、必ず給付を受けられるわけではないのです。リストラや倒産など業績不振による会社都合での解雇は、決して他人事ではありません。また、今は会社を辞めるつもりはなくとも、いずれ訪れる定年や、自分の生活環境の変化によっていつ自己都合で退職しなけれ...
アッと驚く失業保険の受給要件
解雇や退職によって職を失った人が、最初にすべき手続きが、ハローワークで失業保険の受給手続きをすることです。この失業保険で受給できる手当のことを、正しくは基本手当てといいます。この失業保険を受け取るためには、以前に勤めていた会社で雇用保険がかけてあることが大前提ですが、それ以外にもいくつかの受給要件が定められています。今回は失業保険の受給要件のひとつ、『失業の状態』について紹介します。職を失った理由は様々でも、失業している状態とは、ただ単に仕事がない状態を指すのではありません。ハローワークでは失業...
今の状態は失業認定されますか
失業保険を受給するための要件として、失業の状態であることが一番重要な条件であることは、前回解説しました。基本手当を受け取るためには、失業と認定されることが必要なのです。しかし、一般の失業と、ハローワークで定められた失業とではその定義が異なります。ハローワークの規定する失業とは「就職しようとする意思といつでも就職できる能力があるにもかかわらず職業に就けず、積極的に求職活動を行っている状態にある」ということを指すのです。就職できる能力とか、積極的な求職活動を行うという規定がどういうものかは別の機会に...
ストップ!失業保険の不正受給
失業して職を失ってしまったら、少しでも多く失業保険を受給したいと思うのは当然のことです。失業保険の制度を細かく調べて、自分が受給要件に当てはまっていないか、もらえるはずの手当を申請し忘れていないかと、誰もが考えるはずです。定められた条件に自分が当てはまっていないかを確認し、正規の金額、日数分を受給するのならまったく問題はありません。しかし、虚偽の申告をして失業保険を不正に受給した場合にはどうなってしまうのでしょう。失業保険の不正受給に関する、処分、罰則について紹介します。処分や罰則について紹介す...
計算してみよう!失業保険
失業保険を受給しなければならなくなったり、今失業してしまったら一体いくらの失業保険がもらえるのか、ちょっと気になるところですよね。自分がどのくらいの金額を受け取れるかによって、失業後再就職までの生活プランを立てたり、仕事を辞めたいと思っていても思いとどまる人が少なからずいらっしゃると思います。失業保険の受給金額をおおよそでなら計算できるサイトもありますが、正確な金額を計算するのは、かなり複雑で、しかも分かりにくい計算方法になっているのです。個々の離職理由によっても支給される金額や日数が変わってし...
専業主婦の失業保険
失業保険の受給を受ける場合には、様々な条件によって受取れる・受取れないの決まりがあります。結婚を機にそれまで勤めていた会社を辞めて、夫の扶養家族として専業主婦になる場合は、失業保険を受取ることはできません。失業保険というものは基本的に、会社を辞めて失業状態になっても、本人に直ぐにでも新しい職に就きたいという意思があり、そのための求職活動を行っているということが条件として挙げられるからです。収入合計が分かれ道、主婦の失業保険結婚して夫の扶養家族となる場合でも失業保険がもらえる場合がありますが、その...
失業中に働くルール
毎日の生活の足しにと、アルバイトをしたいという気持ちはわかりますが、失業保険の受給中にアルバイトを行っていると、それが就職だとみなされてしまい失業保険の給付をストップされてしまう場合もあるそうです。すべてのハローワークで一律の基準が設けられているわけではないので、一概に、「アルバイト禁止」とは言えませんが、せっかくもらえる失業保険がもらえなくなるともったいないので、アルバイトを希望する場合は予め確認をしてから決めるようにしたほうがいいと思います。知らなかったでは済まされない失業中のアルバイト3原...