失業保険とアルバイト

スポンサードリンク

失業中のアルバイトは就職なのか

毎日の生活の足しにと、アルバイトをしたいという気持ちはわかりますが、
失業保険の受給中にアルバイトを行っていると、それが就職だとみなされてしまい失業保険の給付をストップされてしまう場合もあるそうです。

 

すべてのハローワークで一律の基準が設けられているわけではないので、一概に、「アルバイト禁止」とは言えませんが、せっかくもらえる失業保険がもらえなくなるともったいないので、アルバイトを希望する場合は予め確認をしてから決めるようにしたほうがいいと思います。

 

知らなかったでは済まされない失業中のアルバイト3原則

スポンサードリンク

失業中に認められているアルバイトについての大まかな基準としては

  • 4週間に14日以内の労働
  • 1週間で20時間以内の労働
  • 1週間に3日以内の労働

 

というのが、一般的な決まりとしてあるようです。
また、パートやアルバイトでも、1週間に20時間以上の労働を、継続して1年以上見込める場合はハローワークの定める「失業」としては認めてもらえない状態と言えます。

 

加えて、失業給付金の支払い開始「待期中」のアルバイトは、労働した日数分、失業保険を給付してもらえる日が遅くなってしまいます。
一日でも早く、失業保険の給付を開始するためにも、できれば待期中にアルバイトをするのはやめたほうが良いと言えるでしょう。

 

不正受給には厳しい罰則が

 

待期中や給付金を既にもらっている場合でも、アルバイトをした場合は隠すようなことはせずに、きちんと申告をしなければいけません。
もしもアルバイトをしていることを隠していると不正受給として扱われ、見つかってから後の失業保険を受取れなくなる場合もあります。

 

場合によっては、これまで不正に受取ってしまった失業保険の金額の3倍もの納付義務も出てくるので、十分に注意をしなければいけません。
このことはアルバイトだけに言えることではなく、家業の手伝いや内職などによって収入を得た場合でも同じように申告しなければいけません。

 

ハローワークに申告しなくても働くことができるのは「給付制限期間中」なのですが、雇用保険の加入資格を取得してしまった場合は、失業としては扱われなくなりますので、働き方には注意が必要と言えます。

 

また、失業についてもっと詳しく知っておきたいという方は、書店に行けばたくさんの書籍がでていますので、そちらを参考にしてみてもいいかもしれませんね。

 

アルバイトをしながらも、失業保険をもらえる方法や、ハローワークをフル活用する方法など、100%の活用法とは言えない場合もありますが、知っておいて損はしない内容のものが多いですよ。


失業中に働くルール関連記事

知らなきゃ損する失業後の手続き
失業したら必要な手続きについて解説します。失業保険の受給手続きも大切ですが、年金、健康保険、税金と、失業したら自分でしておかなければならない手続きが、結構たくさんあるのです。
これぞTHE失業保険
失業保険と呼ばれる雇用保険の目的と概要です。解雇、退職で職を失った人、今は大丈夫でもリストラ、倒産の危機にある人には知っておいてもらいたい、失業保険で損しないための情報です。
アッと驚く失業保険の受給要件
失業保険を受け取るには、ハローワークで定められたいくつかの受給要件を、すべて満たす必要があります。失業保険の受給要件のひとつ、『失業の状態』について紹介します。
今の状態は失業認定されますか
失業と認定されないケースについて紹介しましょう。失業認定は、失業保険を受給するのに大切な要件です。ハローワークの規定に則った失業の状態とみなされないケースです。
ストップ!失業保険の不正受給
失業保険を不正に受給した場合の、処分や罰則について。失業保険の不正受給は悪質な場合、詐欺罪となります。絶対にやめましょう。
計算してみよう!失業保険
失業保険をいくらもらえるのか、知りたい人は多いことでしょう。失業保険の計算はかなり複雑で、一般人が正確に計算するのは難しいですが、大体の受給額を知ることなら可能です。
専業主婦の失業保険
失業保険と、扶養家族、すなわち専業主婦となる場合の注意事項です。 結婚を理由に会社を辞めた際には、失業保険と扶養、そして年金や社会保険との関連をしっかり理解しておきましょう。
失業中でも働くルール
失業保険を受給中にアルバイトで収入を得る場合、注意しておきたい大切なことがあります。 失業期間中の働き方についての最新情報です。