失業保険と扶養

スポンサードリンク

専業主婦は失業保険を受け取れない

失業保険の受給を受ける場合には、様々な条件によって受取れる・受取れないの決まりがあります。

 

結婚を機にそれまで勤めていた会社を辞めて、夫の扶養家族として専業主婦になる場合は、失業保険を受取ることはできません。

 

失業保険というものは基本的に、会社を辞めて失業状態になっても、本人に直ぐにでも新しい職に就きたいという意思があり、そのための求職活動を行っているということが条件として挙げられるからです。

 

収入合計が分かれ道、主婦の失業保険

スポンサードリンク

結婚して夫の扶養家族となる場合でも失業保険がもらえる場合がありますが、その場合は今後の12ヶ月の収入合計の見込み額が130万円以下であることが条件付けられています。

 

この合計収入には失業保険の給付金も含まれることになりますので、もしも失業保険の基本手当日額が3,612円以上ある場合は収入見込み額が130万円以上になるため、逆に夫の扶養家族に入ることができないということになります。

 

国民健康保険も支払わなければ

基本手当金額が3,612円以上になる場合は、自分で国民健康保険に加入しなければなりませんし、国民年金への切替も必要となってしまいます。
この場合の国民健康保険は、自分が住んでいる市区町村別に支払う保険料も違ってきますので、担当の窓口などへ確認を取るといいでしょう。

 

国民年金保険料は毎月13,300円と定められていますので、こちらも自分で納めなければならないことになります。

 

もし、失業保険の基本手当日額が3,612円以上あるにも関わらず、夫の社会保険の扶養(健康保険と年金3号被保険者)に入っていることが明らかになった場合は、遡って扶養申請が取り消されることになり、夫の扶養家族として認められなくなります。
その間に健康保険で利用した医療費の返還請求を求められる場合もありますので、手続きなど面倒に思うかもしれませんが、隠さずにありのままを申告するようにしなければなりません。

 

健康保険組合による健康保険の場合は、扶養に対する規定が若干異なるので、失業保険の給付を受けているというだけで扶養に入る意思がないとみなされてしまい、金額に関係なく扶養認定から外されてしまう場合もあるそうです。


専業主婦の失業保険関連記事

知らなきゃ損する失業後の手続き
失業したら必要な手続きについて解説します。失業保険の受給手続きも大切ですが、年金、健康保険、税金と、失業したら自分でしておかなければならない手続きが、結構たくさんあるのです。
これぞTHE失業保険
失業保険と呼ばれる雇用保険の目的と概要です。解雇、退職で職を失った人、今は大丈夫でもリストラ、倒産の危機にある人には知っておいてもらいたい、失業保険で損しないための情報です。
アッと驚く失業保険の受給要件
失業保険を受け取るには、ハローワークで定められたいくつかの受給要件を、すべて満たす必要があります。失業保険の受給要件のひとつ、『失業の状態』について紹介します。
今の状態は失業認定されますか
失業と認定されないケースについて紹介しましょう。失業認定は、失業保険を受給するのに大切な要件です。ハローワークの規定に則った失業の状態とみなされないケースです。
ストップ!失業保険の不正受給
失業保険を不正に受給した場合の、処分や罰則について。失業保険の不正受給は悪質な場合、詐欺罪となります。絶対にやめましょう。
計算してみよう!失業保険
失業保険をいくらもらえるのか、知りたい人は多いことでしょう。失業保険の計算はかなり複雑で、一般人が正確に計算するのは難しいですが、大体の受給額を知ることなら可能です。
専業主婦の失業保険
失業保険と、扶養家族、すなわち専業主婦となる場合の注意事項です。 結婚を理由に会社を辞めた際には、失業保険と扶養、そして年金や社会保険との関連をしっかり理解しておきましょう。
失業中でも働くルール
失業保険を受給中にアルバイトで収入を得る場合、注意しておきたい大切なことがあります。 失業期間中の働き方についての最新情報です。