失業保険の計算

スポンサードリンク

あなたの失業保険はいくら?

失業保険を受給しなければならなくなったり、今失業してしまったら一体いくらの失業保険がもらえるのか、ちょっと気になるところですよね。
自分がどのくらいの金額を受け取れるかによって、失業後再就職までの生活プランを立てたり、仕事を辞めたいと思っていても思いとどまる人が少なからずいらっしゃると思います。

 

失業保険の受給金額をおおよそでなら計算できるサイトもありますが、正確な金額を計算するのは、かなり複雑で、しかも分かりにくい計算方法になっているのです。
個々の離職理由によっても支給される金額や日数が変わってしまうのです。

 

そうは言っても、大体でいいから、給付額がどのくらいになるのかを知りたいと言う人のために、失業保険の給付額を計算する方法を紹介します。

 

基本手当を計算しよう

スポンサードリンク

ハローワークのホームページを参照していただくと良いのですが、失業保険の基本手当日額は、
「原則として離職した日の直前の6ヶ月に、毎月支払われた賃金の合計を180で割った金額の50%〜80%」と定められています。
「毎月支払われた賃金」には、ボーナスのように一時的にもらえる金額や歩合などの成果報酬は含まれません
しかし、住宅手当や通勤手当などの毎月もらっていた手当は加算されます。さらに、50%〜80%というのも、退職時の年齢や賃金日額によって大きく変動します。

 

例えば、退職時の年齢が29歳以下もしくは65歳以上で、賃金日額が4,180円未満だと給付率は80%となるのですが、4,180円以上12,130円未満だと50%〜80%の間で変動するのです。
この給付率の変動に加えて、年齢別に基本手当日額の上限まで決められています。
この上限金額と賃金日額は、社会情勢を考慮して毎年8月1日に見直しが行われています。

 

まだまだ複雑な計算が続く

失業保険の受給額は、この基本賃金日額に、給付率をかけ、さらに支給日数を掛け算することで計算します。
支給日数も一定ではなく、雇用保険の加入期間が長いほど長期にわたって給付されますが、最長でも20年以上の加入で原則150日と上限が決められています。

 

個々のケースで失業保険の受給額を正確に知りたいのなら、ハローワークへ問い合わせるか、専門家に相談する、もしくは失業保険の説明会で配布される「雇用保険受給者資格証」で確認する意外に無いでしょう。

 

それほどまでに、失業保険の受給額を自分で計算するのは複雑すぎるのです。


計算してみよう!失業保険関連記事

知らなきゃ損する失業後の手続き
失業したら必要な手続きについて解説します。失業保険の受給手続きも大切ですが、年金、健康保険、税金と、失業したら自分でしておかなければならない手続きが、結構たくさんあるのです。
これぞTHE失業保険
失業保険と呼ばれる雇用保険の目的と概要です。解雇、退職で職を失った人、今は大丈夫でもリストラ、倒産の危機にある人には知っておいてもらいたい、失業保険で損しないための情報です。
アッと驚く失業保険の受給要件
失業保険を受け取るには、ハローワークで定められたいくつかの受給要件を、すべて満たす必要があります。失業保険の受給要件のひとつ、『失業の状態』について紹介します。
今の状態は失業認定されますか
失業と認定されないケースについて紹介しましょう。失業認定は、失業保険を受給するのに大切な要件です。ハローワークの規定に則った失業の状態とみなされないケースです。
ストップ!失業保険の不正受給
失業保険を不正に受給した場合の、処分や罰則について。失業保険の不正受給は悪質な場合、詐欺罪となります。絶対にやめましょう。
計算してみよう!失業保険
失業保険をいくらもらえるのか、知りたい人は多いことでしょう。失業保険の計算はかなり複雑で、一般人が正確に計算するのは難しいですが、大体の受給額を知ることなら可能です。
専業主婦の失業保険
失業保険と、扶養家族、すなわち専業主婦となる場合の注意事項です。 結婚を理由に会社を辞めた際には、失業保険と扶養、そして年金や社会保険との関連をしっかり理解しておきましょう。
失業中でも働くルール
失業保険を受給中にアルバイトで収入を得る場合、注意しておきたい大切なことがあります。 失業期間中の働き方についての最新情報です。