失業後の手続き

スポンサードリンク

自分でしなければならない失業後の手続き

失業したら必ずしておかなければならない手続きがあります。
失業保険の受給の手続きはもちろんですが、それ以外にもいくつかの手続きが必要です。

 

会社に勤めている間は、これらの手続きのほとんどを会社が代行してくれていたので、サラリーマンは給料を受け取るだけですんでいましたが、失業したらそうは行きません。全て自分でおこなう必要があるのです。
会社勤めをするということが、どれほどの恩恵を受けていることになるのか、きっと気付くはずです。
失業後に必要な手続きについて紹介しましょう。

 

最低限の4つの手続き

スポンサードリンク

失業後にしなければならない手続きは、最低4つとなります。
多くの人はこれだけの手続きで足りると思われます。

 

健康保険に関する手続き

体調を崩したり不慮の事故にあったときのために早めに行っておく必要があります。医療保険への加入は強制ですから、保険料がもったいないなどという理由で加入を拒否することは出来ません。
被保険者であった期間が2ヶ月以上あれば、退職してからも2年間は会社の健康保険が利用できる「任意継続被保険者制度」もあります。

 

任意継続のメリットは医療費の個人負担が在職時のままで済んだり、会社の保養施設を利用できるということが挙げられます。
しかし、退職した日の翌日から20日以内に手続きをすることと、保険料を全額自己負担する必要がありますから、メリットとのバランスを考えて慎重に選択してください。

 

任意継続をしない場合には、国民健康保険に加入しましょう。
保険料は前年の収入、住んでいる自治体によって異なりますが、医療費の自己負担が3割になります。
国民健康保険への加入手続きは、住んでいる地域の行政センターで行います。

 

印鑑、離職票などの退職証明書、それに身分証明書を持参します。

 

年金に関する手続き

失業するとたいていの場合は厚生年金保険から国民年金保険に切り替える手続きが必要になります。
この変更手続きは本人が窓口に赴いて行わなければなりません。

 

税金に関する手続き

簡単に言えば確定申告です。名前ぐらいは聞いたことがあるでしょう。
失業直後は納めすぎた税金を返してもらえるのですが、ある日突然、住民税の請求が届きます。住民税は前年の収入に対して課税されるので、失業中であればかなり痛い出費となります。
あらかじめ準備しておくようにしましょう。

 

失業保険に関する手続き

様々な手続きが必要です。
失業保険を適性に受給するために正しい手続きと、注意点などを当サイトで紹介していきます。

 


知らなきゃ損する失業後の手続き関連記事

知らなきゃ損する失業後の手続き
失業したら必要な手続きについて解説します。失業保険の受給手続きも大切ですが、年金、健康保険、税金と、失業したら自分でしておかなければならない手続きが、結構たくさんあるのです。
これぞTHE失業保険
失業保険と呼ばれる雇用保険の目的と概要です。解雇、退職で職を失った人、今は大丈夫でもリストラ、倒産の危機にある人には知っておいてもらいたい、失業保険で損しないための情報です。
アッと驚く失業保険の受給要件
失業保険を受け取るには、ハローワークで定められたいくつかの受給要件を、すべて満たす必要があります。失業保険の受給要件のひとつ、『失業の状態』について紹介します。
今の状態は失業認定されますか
失業と認定されないケースについて紹介しましょう。失業認定は、失業保険を受給するのに大切な要件です。ハローワークの規定に則った失業の状態とみなされないケースです。
ストップ!失業保険の不正受給
失業保険を不正に受給した場合の、処分や罰則について。失業保険の不正受給は悪質な場合、詐欺罪となります。絶対にやめましょう。
計算してみよう!失業保険
失業保険をいくらもらえるのか、知りたい人は多いことでしょう。失業保険の計算はかなり複雑で、一般人が正確に計算するのは難しいですが、大体の受給額を知ることなら可能です。
専業主婦の失業保険
失業保険と、扶養家族、すなわち専業主婦となる場合の注意事項です。 結婚を理由に会社を辞めた際には、失業保険と扶養、そして年金や社会保険との関連をしっかり理解しておきましょう。
失業中でも働くルール
失業保険を受給中にアルバイトで収入を得る場合、注意しておきたい大切なことがあります。 失業期間中の働き方についての最新情報です。